カードローンの審査に通らない理由

By on 7月 16th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

カードローン審査に通らない理由として考えられるのが、申込書の記入ミスやウソの内容を記入することで、単純なミスであっても虚偽の記載と判断されるときや、融資限度額をあげる為に年収をごまかしたりすると信用がないと判断され、融資を断られることもあります。
申込書の記入内容の勤続年数も重要な項目で、勤続年数の目安は1年以上といわれていますが同じ会社に長く務めていることで社会的な信用があり、収入も安定しているので貸しても大丈夫と判断されるので、申込むときは1年以上勤めていれば融資を受けられる可能性が高いといえます。
他社で借入れがあるとき、返済に遅れがあったときは信用情報機関の個人情報に遅延があったことが記載されているので、申込者に融資をしても返ってこないと思われることや、借入件数が多くこれ以上貸しても貸し倒れにならないかということもカードローンの審査に通らない理由として考えられます。
申込みブラックといって、短期間に数社に申込をしたとき信用情報機関に申込があったことが記載されるので、その情報からよほどお金に困っているようだという事から貸してもかえってこない可能性があると判断されさらに融資を受けることがきびしくなるので、複数社を申込むときは時間をあけることが必要です。
カードローンの申込みをするまえにキャッシング会社のほとんどで「借入診断」といった申込みをする前に審査の可否がわかるサービスをおこなっていますので、申込をする前に試してみるのもいいでしょう。

Read full story »

兼業主婦のキャッシングは難しくはない

By on 6月 16th, 2014. This post has コメントは受け付けていません。

貸金業である消費者金融では兼業主婦のキャッシングは難しいものではありません。
総量規制にもあるように「本人の年収の3分の1」となっていますので働いている主婦であれば消費者金融からの主婦カードローンキャッシングは可能です。
正社員として働いている方はもちろんのこと、契約社員やパートも収入を得ていれば消費者金融を利用できます。

収入の高い低いは審査に通る通らないに関係するものではありません。
もちろん収入が高ければ有利にはなりますが、それだけではない事情があります。
属性スコアリングをご存知でしょうか。

消費者金融は審査の一つとして属性スコアリングを採用しています。
個人の情報に対して点数をつけその採点によって審査合格を判断するものです。
属性の項目としては職業、年齢、家族構成や居住形態もあります。
収入から支出項目を差し引く形での採点方式になっていますので、その収入の点数自体が高くなればマイナス要素が多かったとしても審査に合格することとなります。
それでは収入の項目に注目してみましょう。
職業は公務員が最も点数が高く評価されます。
年収も高い方が点数は高いでしょう。
しかしそれだけではなく勤続年数こそその収入の安定を知るための大事なポイントになります。

パート収入では審査に通過できないと不安になっているかもしれません。
そんなことはありません、これまであなたが働いてきた期間が評価されます。
勤続年数が長ければこれから先も安定して働いていくであろうことが推測されるからです。

Read full story »

Filed Under:ローン

キャッシングしたい場合、年収はそんなに高くなくても可能!

By on 5月 29th, 2013. This post has コメントは受け付けていません。

特にこれからキャッシング関係に加入しようと考えている人にとっては、やはりお金の関係ですから、不安なことは多いことでしょう。
でも、それは珍しいことではなくて、やはりお金の関係なので、誰だって不安な点はあってもおかしくはないと思います。むしろ何も不安でない、何も考えない方が珍しいかもしれません。

更にネットのカード関連の質問を見ると余計に混乱してしまう可能性もあります。結構情報が錯綜していますからね、当然と言えば当然です。
そういった中で今回注目したのは、こんな疑問点でした。それは、年収が高くないとキャッシング出来ないの?という疑問点です。これに関して言いますと、まず確実なライン、つまり年収がいくら以上でないと絶対にダメというラインは見つけられません。お金を借りる 審査のラインをしっかり見定めておくと良いでしょう。

どういうことかと言うと、各消費者金融や銀行によって、そのラインは個別で設定されているか、その金額に応じた審査で決定されるからです。
実際に年収は高いほど借り入れ出来る限度額も増えるでしょう。しかし高くなくてはダメだという根拠もありません。事実、アルバイト等で少ない年収でも、借り入れ出来ている人は大勢居るからです。

貸付側の条件として、ある程度の安定した収入があれば、キャッシング可能とされているので年収が少なければ、ただ単にそれなりに審査した結果、年収に対して限度額が下がるだけで、借り入れ出来るものです。なので、極端に年収が数万円しかないとかでなければ、それなりの借り入れが出来ます。
結果として言いますと、年収はそこまで高くなくても大丈夫ということなので、普通に審査を受けてみて決定された限度額が年収に応じた金額となります。

Read full story »

Filed Under:キャッシング